Facebook広告っていくらで出せるの?|料金のイロハ

Facebook広告っていくらで出せるの?|料金のイロハ


Facebook広告はコストパフォーマンスが良い!

ネット広告と一口で言っても、そのタイプは多種多様です。ネット広告をいざ出すとなったとき、「どうせ出稿するならなるべく費用を抑えつつ着実に成果を得たい…」とみなさんお考えになるのではないでしょうか。

実は、幾多のネット広告の中でもFacebook広告はコストパフォーマンスに優れた手段のひとつなのです。なぜコスパがいいのか、Facebook広告の料金体系を詳しくご紹介します。

 

出稿時:「総入札値」を競うオークション制

Facebookでは、広告オークションシステムを使って表示する広告を決定します。これにより、利用者は自分の関心に沿った役立つ広告を見ることができ、広告主はキャンペーンの目的達成につながる利用者層にリーチできるようになります。

リーチしたい対象のユーザー層ごとに、「総入札値」が最も高い広告がそのユーザー層を落札し、広告を表示させることができます。この総入札値とは、公式HPによると主に3つの要素から決定します。

1.広告主の入札額:表示された広告を見たユーザーが行うクリックやその他のアクション1回につき支払う金額のことです。

2.広告の品質とユーザーとの関連度:リーチしたいユーザーの関心と広告の内容が合っているかどうかが判断されます。

3.推定アクション率:広告をクリックしたあとにユーザーに達成してほしいアクション(会員登録や商品購入など)を、ユーザーが起こす見込みのことです。

つまり、入札金額はもちろんのこと、リーチしたいユーザーの関心に合った広告を出すことがとても重要になります。

入札額については、数円~数十円という非常に安い価格から入札することも可能です。リスティング広告などの相場よりも安いです。

 

出稿後:指定したアクション1回につき料金が発生

出稿した後は、入札時に指定したユーザーのアクションが1回起こるたびに、料金が発生するシステムです。逆にいえば、広告を出稿しただけでは料金は発生しません。

そのため、広告運用にかかる費用は「『アクション1回あたりの入札単価』×『アクション数』」で算出されます。

 

Facebook広告は予算を決められる!

Facebookでは、掲載期間内の一日ごとの予算や掲載期間通算の予算を設定することができます。その予算に達したら、広告の表示は自動的にストップとなるので追加料金は一切発生しません。まずは少額で試してみたい、という方でも安心して利用できます。

 

 

まとめ:少ないコストで手軽に始められる!

いかがでしたでしょうか。Facebook広告は始める際のコストがあまりかからず、成果に応じて料金が発生するのでコストパフォーマンスに非常に優れていると言えます。仮に広告の成果が上がらなくても、損失を最小限に防ぐことができるので、これからネット広告を始めようと考えている方はまずFacebook広告から始めてみることをおすすめします。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.