Facebook広告の効果測定ツール3選

Facebook広告の効果測定ツール3選


Facebook広告を始めたはいいものの、本当に効果が出ているのか自信がない…

そういうことってありますよね。その場合はまず、Facebook広告の効果測定ツールを用いて、効果測定を行ってみることをオススメします。効果測定を行うことで、本当に効果のあるFacebook広告を出すことができますよ。

 

そこで今回は、効果測定ツールの中でも、使うべきツールを三つ紹介します。どれも使いやすく、便利なツールなのでぜひ使ってみてください。

 

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスといえば、アクセス解析ツールの中でも、最も有名なツール。

通常のWebサイトのアクセス解析ツールとして使われることが多いですが、Facebook広告の効果測定も行うことができます。


計測の仕方は、モバイル版の発行タグを設定ページに埋め込んでおくだけ。迷ったらまず、Googleアナリティクスを使ってみるのもいいかもしれませんね。

 

comnico Marketing Suite


コムニコがリリースしているソーシャルメディアの解析ツール「comnico Marketing Suite」です。

「投稿機能」「分析機能」「モニタリング機能」「ライブラリー」の4つの機能が、ツイッターやFacebookの効果測定をしてくれます。
Facebookページを分析し、レポートを自動で作成してくれる上、問題点の洗い出し、改善点アドバイスをしてくれるのが特徴です。
 

見える化エンジン

 

日本で初となるSaaS型(サービス型ソフトウェア)のテキストマイニングサービスです。「仮説検証型分析機能」「ニーズ発見型分析機能」「社内共有」「改善促進機能」「データ収集機能」の5つの機能で、膨大なテキストデータを直感的に“見える化”してくれます。
Facebookの投稿のテキストもテキストマイニングすることができます。
また、これらのソーシャルメディアから効率よくユーザーの声を収集することができます。

 

まとめ

Facebook広告は出すだけで満足してはいけません。よりよい効果を出していくには、現状の効果を分析し、どのように改善できるかも考えていく必要があります。効果測定ツールをうまく利用して、Facebook広告の効果を最大化していけるといいですね。頑張っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 − two =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)