【効果抜群】Facebookで動画広告を出そう!

【効果抜群】Facebookで動画広告を出そう!


Facebookで動画広告を出すべきワケ

「動画広告」と聞くと、Youtubeなどの動画サイトで動画を視聴する前や視聴中に出てくる広告というイメージがあると思います。しかし実は、Facebook広告でも動画広告を出稿することができます。さらに、動画サイトに比べて多くのメリットがあるのです。

 

1.タイムラインで自動的に再生される

毎日積極的にYouTubeなどの動画配信サイトを見に行くという人は限られています。しかし、Facebookなら最初から“動画を見よう”というモチベーションがあるわけではない人にも、自然にタイムラインで動画を視聴させることができます

また、動画配信サイトでの広告に比べてタイムライン上に出てくるので広告感が薄れ、ユーザーの抵抗が弱まる効果も期待できます。

 

2.精度の高いターゲティングができる

動画広告だけではなく、Facebook広告では、Facebookの保有する膨大なデータをもとに情報を届けたいターゲットだけを狙って広告を配信することができます。Facebookは他の動画サイトやSNSサービスに比べても正確性の高い個人のデータが保有されているので、精度の高いターゲティングをすることができます。

 

 

Facebook動画広告の種類|「マーケットプレイス」と「プレミアム」

実はFacebookの動画広告は、予算やターゲティング層の幅などに応じて大きく2種類に分けられます。

 

1.マーケットプレイス動画広告

これは、Facebookアカウントを所持していれば誰でも出稿することができ、少額から広告を出稿することが可能な広告タイプです。課金方法はクリックごとの課金や広告表示ごとの課金などを選ぶことができ、予算も出稿者側が決めることができるので無理なく運用することができます。また、広告配信ターゲットを細かく絞って広告配信できます。

広告アカウントを作成する際に、最初に広告の目的を選ぶ箇所があります。そこで「動画の再生数を増やす」を選択すると、マーケットプレイス広告を出稿することができます。この広告は、ニュースフィードやサイドバーに表示されます

多くのユーザーにリーチできるわけではありませんが、その分精度の高いターゲティングをすることで自社の商品・サービスに興味のあるユーザーに絞ってリーチすることができます。そのため、商品購入や会員登録など、サイトが望む最終ゴールにユーザーが到達する可能性を高めるのに向いています。

 

2.プレミアム動画広告

これは大手企業など膨大な予算が確保できる広告主にのみ展開されている広告タイプで、特定の代理店・Facebookのセールス担当者からのみ購入できる動画広告枠です。料金はFacebookや代理店側が決めた固定料金がかかります。

広告が表示される場所はニュースフィードトップおよびログアウトページです。マーケットプレイス動画広告よりも露出度が高い位置に表示されるため、より多くのユーザーにサービスやブランドイメージを浸透させることができます。

 

二つの広告タイプをまとめると、以下のようになります。

 マーケットプレイス動画広告    プレミアム動画広告     
出稿者

アカウントを持っている全てのユーザー

大企業など予算が潤沢なクライアント
料金体系クリック課金・インプレッション(表示)課金FB・代理店側が定めた固定料金
広告表示位置ニュースフィード・サイドバーニュースフィードトップやログアウト画面
期待できる効果商品・サービスに興味のあるユーザへのリーチ商品・サービスのブランドイメージ浸透

 

 

まとめ:Facebook動画広告は「マーケットプレイス」から始めよう!

いかがでしたでしょうか。Facebook広告で動画を出稿することは、他のメディアに比べて多くのメリットがあります。そして、いざ出稿するとなった場合はまず「マーケットプレイス広告」から始めてみましょう。細かくターゲティングをすることで、ビジネス的な利益につながる広告運用が可能になるはずです。動画広告の出稿を検討しているかたは、ぜひFacebookで出稿することをおすすめします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 + 20 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)